省エネ活動の情報源はなんとベトナム!
「見える化」で製造ロスが激減しました

トップ > 動画検索 > 第21回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星2個(星3個が最もお手軽)

省エネ施策

  • パソコンや照明のスイッチの管理責任者を決める
  • 製造過程の不良品を全従業員へ公開
  • 海外企業との交流で省エネを促進

省エネの背景


今回の出演は栃木県鹿沼市の精密部品製造会社 株式会社TANOI。自動車や医療器具の部品を製造しています。 海外企業の取り組みに影響を受け、始めたという省エネ活動。いったいどんな取り組みをしているのでしょうか。

省エネ施策

1 パソコンや照明のスイッチの管理責任者を決める


同社ではオフィスのパソコンや照明のスイッチなどに従業員の名前付きの顔写真が貼られています。 各スイッチを管理する責任者を明確にするための取り組みです。はじめは従業員もなかなか慣れなかったようですが、次第に責任感が芽生えました。この取り組みのおかげで電気管理が徹底されました。

2 製造過程の不良品を全従業員へ公開


こうした省エネへの取り組みは、達人が海外進出を模索していた時に訪れたベトナムの省エネ活動に触発されたものでした。ベトナム企業のシステム・管理能力の高さから学び、省エネに取り組んだ結果、電気代の節約に成功しました。次に大きな課題となったのは、製造工程ででる不良品の削減。 達人はベトナムで学んだことを生かし、不良品置き場をつくり、あえて全従業員に見せることで不良品を出さない意識づけをしました。徹底的に原因を究明した結果、製造ロスは激減しました。

3 海外企業との交流で省エネを促進

製造ロスの削減で、材料費・工具費・人件費・設備費など、あわせて売り上げの約5%にあたる費用を削減することができました。これからも海外の企業と交流して、新しい省エネ活動に取り組んでいきたいという達人の言葉が印象的でした。

企業プロフィール

会社名
株式会社TANOI
地域
栃木県鹿沼市
業種
部品製造
従業員数
60人(2010/11/1現在)

同様の業種の動画

  • 同様の業種の動画はありません

同様のキーワードの動画

  • 同様のキーワードの動画はありません