え、授業以外でもツボ押し?
場所と時間のツボを押さえて省エネ!

トップ > 動画検索 > 第308回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星2個(星3個が最もお手軽)

電気使用量

16%削減
2015年(2013年比)

電力ピーク

15%削減
2015年(2013年比)

省エネ施策

  • 授業に支障のない場所のエアコンをオフ
  • 貸し教室のエアコンの稼動数をコントロール
  • 教員が校内を見回り消し忘れをチェック

省エネの背景

教育の現場から

第308回の出演企業は「近畿医療専門学校」。
接骨院などで働く柔道整復師やスポーツトレーナーを目指す学生が通うこちらの学校では、現役のスポーツトレーナーや医師などを講師に迎え、即戦力で活躍できる人材を育てています。

省エネ施策

1 夏場の日中がピーク

教室や実習室には、部屋の広さに応じて複数台のエアコンが設置。快適な環境で授業が受けられるよう、真夏の日中はエアコンの稼働台数が増え、一気に電力ピークに。

電気料金削減のカギ!「電力ピーク」とは?

電力ピークとは、一日の中で最も高い消費電力値のこと。電気を使用する時間帯をずらしてピーク時の使用電力を抑えることで、電気使用量の低減が見込めます。

2 学生への配慮

電力ピークが近づくと、1階事務所、次に併設されている治療所、次に2階ロビーという順番でエアコンをオフ。学習環境を保ちながら、エアコンをオフにする場所と順番をルール化しました。

3 外部への協力要請

外部への貸し教室にはエアコンが13台設置されていますが、以前は利用者に遠慮して使い方を管理していませんでした。今では協力を得ながら、エアコンの稼動をコントロールしています。

まとめ

省エネ意識の拡大

事務員や教員だけではなく、学生にも省エネを意識するようになって欲しいと話す達人。学生が意識することで、関西全体の省エネにつながるとお話しいただきました。

企業プロフィール

会社名
近畿医療専門学校
地域
大阪府大阪市
業種
教育・学校
従業員数
36人(2016/2/1現在)

同様の業種の動画

  • 同様の業種の動画はありません

同様のキーワードの動画

  • 同様のキーワードの動画はありません