風邪をひきにくくなる
たくましい身体づくりとは?

トップ > 動画検索 > 第300回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星1個(星3個が最もお手軽)

電力ピーク

36%削減
2015年(2014年比)

省エネ施策

  • エアコンはスケジュールに合わせて稼動
  • 床暖房は1面ずつ交互に稼動

省エネの背景

保育の現場から

第300回の出演企業は、滋賀県草津市にある「みのり保育園」。こちらの保育園では乾布摩擦や裸足保育などのプログラムを取り入れ、子どもたちのたくましい心と体の成長を目指しています。

省エネ施策

1 スケジュールに合わせた稼動

朝7時の開園後、徐々に登園する子どもたちの人数に合わせてエアコンの稼動数を調整。10時になると外に遊びに行くため、エアコンを停止します。

2 床暖房は交互に稼動

以前は2面ある床暖房を同時に稼動させると、他の機器の使用と重なって電力ピークに…。現在は1面ずつ交互に稼動させるようルールを設けました。

電気料金削減のカギ!「電力ピーク」とは?

電力ピークとは、一日の中で最も高い消費電力値のこと。電気を使用する時間帯をずらしてピーク時の使用電力を抑えることで、電気使用量の低減が見込めます。

3 教育方針に賛同する保護者

エアコンや床暖房の稼動を最小限に留めることで、子どもたちは温度調節ができる身体になり、たくましく育ちました。保育園のおかげです。

まとめ

更なる省エネに向けて

暑さや寒さに対して過剰に環境を整えると、本来人間が持つ適応力が衰えてしまう。子どもたちのたくましさを育てる教育方針が、省エネにも活かされていました。

企業プロフィール

会社名
みのり保育園
地域
滋賀県草津市
業種
保育園
従業員数
65人(2016/2/1現在)

同様の業種の動画

  • 同様の業種の動画はありません

同様のキーワードの動画

  • 同様のキーワードの動画はありません