省エネが会社を成長させた!
業務効率&品質UP

トップ > 動画検索 > 第277回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星3個(星3個が最もお手軽)

電気使用量

28%削減
2015年(2014年比)

省エネ施策

  • 売上データを分析し、生産量を適量に抑える
  • 自社で商品を保管せず、外部に委託
  • コールセンターを移動し、部署を2階に集約

省エネ施策

1 電気使用量を約3割削減した企業の省エネ活動


今回は東京都青梅市にある株式会社ロイヤルユキの省エネを紹介します。健康食品や化粧品の企画、製造販売、輸入を行っているこちらの会社では、電気使用量の約3割を削減しました。しかし、浜口調査員が省エネのポイントとして案内されたのは、何も置かれていない空の倉庫。一体どんな省エネ活動を行っているのしょうか?

2 空きスペース1:冷蔵冷凍庫の停止

ここは以前、受注待ちの商品を保管する冷蔵冷凍庫として使用。商品の量に関わらず常に稼働させていたため、多くの電気を消費していました。現在は過去の売上データを分析し、仕入れや生産量を適量に抑えています。さらに外部の業者から直接お客さまに商品を発送する仕組みに改めたことで在庫を抱える必要がなくなり、冷蔵庫を停止することができたのです。

3 空きスペース2:部署を2階に集約


次に案内されたのは3階。先ほどよりさらに広いスペースが空いています。ここは以前コールセンターとして使用していましたが、2階にも十分な広さがあったため部署ごと移動。3階を空きスペースにしたことで大型エアコンを停止できるようになっただけでなく、業務にもよい影響をもたらしたと達人は話します。

4 スタッフが感じる職場環境の変化

すべての部署が2階に集約されたことで変化はありましたか?と浜口調査員がスタッフにインタビューしてみると…「コミュニケーションが活性化されました」、「スタッフの顔が見えるようになったことで業務効率が上がり、雰囲気もよくなりました」という声が!2つの空きスペースを作り出したことで、省エネ以外にも素晴らしい効果を得ることができました。

企業プロフィール

会社名
株式会社ロイヤルユキ
地域
東京都青梅市
業種
食品通信販売
従業員数
30人(2015年9月1日現在)

同様の業種の動画

  • 同様の業種の動画はありません

同様のキーワードの動画

  • 同様のキーワードの動画はありません