熱と光をコントロールして省エネ!
ブラインドの角度に着目しました

トップ > 動画検索 > 第233回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星2個(星3個が最もお手軽)

電気使用量

5%削減
2014年(2013年比)

省エネ施策

  • 電気炉の電源を可能な範囲でオンオフ
  • ブラインドの角度を調整して、外の光を取り入れる
  • 従業員のエレベーター使用を制限

省エネ施策

1 電気回路などの製造加工メーカー


今回は静岡県駿東郡の工業団地内にある平電機株式会社の省エネを紹介します。従業員はおよそ20名、スイッチやブレーカーなど電気回路の制作・加工を行っています。工場に案内されると、800度の高温で材料を加熱して柔らかくする炉がありました。電気を使って温度を上げるため電気使用量が多い設備です。

2 炉は電気使用量の多い設備


こちらは頻繁に使用するため、朝8時から夕方5時の作業終了までフル稼働させていました。達人は炉のなかが空になったタイミングを見計らい、こまめに電源を落とすようにしています。「製品が入っていない間は5~10分の間、炉を止めるようにしています。こうした短い時間であれば、その後の作業に影響は出ません」。

3 ブラインドを絶妙に調整


次は加工エリアに向かいました。東側がすべて窓になっているため、ブラインドの角度を調整して日差しを取り込み、省エネにつなげています。実はこちらのブラインドは、セキュリティ上全開することができません。そこで達人は日差しを取り込みながら、建物のなかが認識できない角度を見つけました。

4 従業員も省エネに協力


その結果、セキュリティを保ちながら、太陽の日差しで室内を温めエアコンの稼働を抑えられたのです。また、室内に温度計を設置し、決められた温度を超えた場合はただちにエアコンを停止、さらに従業員もエレベーターではなく階段を使用するなど、省エネに協力しています。

企業プロフィール

会社名
平電機株式会社
地域
静岡県駿東郡
業種
電気回路などの製作・加工

同様の業種の動画

  • 同様の業種の動画はありません

同様のキーワードの動画

  • 同様のキーワードの動画はありません