最新エアコンの使い方をご紹介!
過去の温度変化を分析して自動で省エネ

トップ > 動画検索 > 第220回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星2個(星3個が最もお手軽)

電気使用量

12%削減
2014年(2013年比)

省エネ施策

  • 過去の温度データを分析し、エアコンの稼働を時間ごとに設定
  • 照度センサーを使い、照明を効率よく点灯
  • ホース式の散水システムを導入

省エネ施策

1 住環境の向上と創造に貢献する企業


今回は長崎県大村市で建築資材の販売やリフォーム事業などを手がける株式会社富建の省エネを紹介します。従業員数はおよそ100名、明治14年から100年以上続く老舗企業です。こちらでは「我慢をしない・させない」をテーマに省エネに取り組んでいるといいます。早速お話を聞いてみましょう!

2 我慢するのではなく賢く電気を使う


「省エネというと、暑いのを我慢してエアコンをつけないなどのイメージがありますが、私たちはそういった取り組みは行っていません」と話す達人。
ショールームで行う展示会には、毎回1,500名以上が来場します。以前は30年以上前のエアコンだったため、夏はフル稼働しても室温が下がりませんでした。

3 エアコンが自動で省エネする!?


その後、ショールームを含めた社内すべてのエアコンを最新型に切り替え、電気使用量を改善しました。
ただし!これだけでは十分な省エネ効果が得られません。エアコンが自動で省エネするよう設定したことが成功のポイントとなったようです。どのような方法なのでしょうか?

4 過去の温度データを分析して記録


たとえば○曜日の○時から○時は出力を80%に抑える、○時以降は切るといった設定をエアコンが記録。社内の温度変化のデータをエアコンが記憶し、効率的な運転を自動で行っているのです。また、社内には照度センサーが設置されており、自動でLED照明の明るさが変化するそうです。

企業プロフィール

会社名
株式会社富建
地域
長崎県大村市
業種
建築資材販売
従業員数
104人(2014年5月1日現在)

同様の業種の動画

  • 同様の業種の動画はありません

同様のキーワードの動画

  • 同様のキーワードの動画はありません